REPORT

Deliver event report!
どこまで進む、フリーホイーリング
~レゴ®ブロックで車を作って、走行距離を競おう!~

2.25 SAT

大好評!レゴイベント第2弾!「どこまで進む、フリーホイーリング」を開催いたしました。
走行距離を伸ばすために、車輪を変えたり、重りを付けたり…。独自の発想で車を改造する体験を通じて、考える力や問題解決力を養いました。
会場:レゴスクール千里中央(アクティブラーニングスタジオ内)

TEACHER 本日の先生

レゴスクール インストラクター 橋本 成隆さんです。

先生のレクチャーからスタート!

サイエンス&テクノロジーセットには、大小のタイヤや車軸などが入っています。

組み立ての注意点や手順は、組立説明書に従ってくださいね。

タイヤが大きい車と小さい車ではどちらが遠くまで走ると思いますか?

車づくりにレッツ チャレンジ!

男の子はもちろんのこと、女の子も夢中!

お父さんとの共同作業で。

みなさん集中して取り組んでいます。

わからないところは、その場で先生に確認することができます。

考えてもわからないことは、先生に相談。

あっ、こっちのパーツが先だった!

だいぶ、出来てきた!

完成!車と一緒に記念撮影をパチッ。

さっそく、走らせてみましょう。

押さずに、自然に手を離すのがルールです。

まっすぐ走るよう、慎重に!。

走行距離が3mに達するまで、あと少し。

改造して、再度チャレンジ!

タイヤが大きい車の方が遠くまで走るのかな~

車体上部のシャフトも改造してみよっと。

ドキドキ!遠くまで走って欲しい!

みなさんの走行距離が伸びたので、傾斜台を端まで移動させました。

遠くまで走りそう。がんばって!

やったね!壁まで到達。走行距離は約5mです。

こんな声をいただきました!

走行距離を伸ばすため、タイヤの大きさを変えたり、いろんな工夫をしました。その結果、目標が達成できて嬉しかったです。

楽しみながら学べるのが良いと思いました。今日、わからなかったことも、近い将来、理解できる日がくることを楽しみにしています。

車体上部を改造するなど、自分で考えたことを試すことができました。わかりやすく教えてもらったのも良かったです。

何度か挑戦できたことが楽しかったようで、自分で考える力がつきそうです。子どもが集中できる時間設定もよかったです。

重りを付けたら、走行距離が伸びたことが印象に残っています。大人が楽しめるレゴイベントも開催して欲しいです。

組み立てた後、自分なりに工夫をしていたことがよい経験になったと思います。とても楽しく参加させていただきました。

1回目で走り始めた車が途中で止まったりしましたが、とても楽しかったようです。また参加したいです。

レゴの楽しさを通して、いろんなことが学べたと思っています。これからも子ども達が楽しめるイベントを開催してください。